ソーラーパネルの変換効率について

main-img

太陽光発電の装置にはソーラーパネルやパワーコンディショナーなどの設備が必要です。

太陽エネルギーを電気エネルギーに変換するソーラーパネルは太陽電池とも呼ぶもので、パワーコンディショナーは発電した直流電源を交流電源に変換するための装置になります。

ソーラーパネルの情報もあります。

どちらも変換を行う装置であり、変換時には電力損失が生じるのが特徴です。


太陽光発電設備を導入する時には発電シミュレーションを行い、発電可能な電力量を調べる事になります。発電効率などの専門的な用語が営業マンなどの話の中で度々登場するかと思われますが、発電効率は太陽エネルギーを100とした時、電気エネルギーの変換がどれだけ行われるのかを数値に置き換えたものです。発電効率を100%にするためには、屋根の向きや傾きなどの条件が必須で、南向きの傾斜角度が30度の時に発電効率が100%になるなどの目安を持ちます。
但し、こうした条件の中でソーラーパネルを設置していても、必ずしも太陽エネルギーを利用して100%の電力を作り出す事は出来ません。



変換時に生じる電力損失はソーラーパネルで起きる、DC/AC変換を行う時の損失も加味しておく必要があります。

但し、100%の発電が出来ないので電気を使えないと言う意味ではありません。



太陽光発電設備は年々性能が向上しており、電力損失量が少ない製品が多くなっているなどからも、設置を行う屋根の条件に応じて発電効率を期待する事が出来る時代と言えましょう。

モジュールの大人の常識

subpage1

モジュールとは業界によって様々なものを指す言葉であり、IT関連であればプログラムやハードウェア機能の単位であり、建築関連では規格化されたユニットなどをこう呼びます。太陽光発電の場合は一般的にはソーラーパネルと言った方が分かりやすいですが、メーカーではモジュールと呼ばれることも多いです。...

more

モジュールの知っておきたい情報

subpage2

太陽光発電のモジュールはソーラーパネル、太陽電池などのように色々な呼び方がある一つの言い方です。屋根の上に取り付けるソーラーパネルは1枚ではなく、数枚を搭載する事で大きな電力を作り出せます。...

more

モジュールの身になる知識

subpage3

モジュールとは、基本寸法や単位、あるいは機能的にまとまったユニットをあらわす言葉として使われており、住宅においてはこれを1単位としたグリッドで設計されている場合を多く見かけます。住宅設計で一般的に多い1モジュール(1グリッド)の長さは910mmで、1820mmでは2グリッドとなり、この910×1820がタタミの基本サイズとなります。...

more

ソーラーカーポートの皆が知りたい情報

subpage4

太陽光発電システムを搭載可能なカーポートをソーラーカーポートなどと言われています。太陽光発電と聞くと家の屋根の上などイメージが強いかと思われますが、日当たりが良い駐車スペースなどの場合、ソーラーカーポートを利用すれば太陽光発電を行う事が可能になります。...

more