モジュールとは何のことか

モジュールとは業界によって様々なものを指す言葉であり、IT関連であればプログラムやハードウェア機能の単位であり、建築関連では規格化されたユニットなどをこう呼びます。

太陽光発電の場合は一般的にはソーラーパネルと言った方が分かりやすいですが、メーカーではモジュールと呼ばれることも多いです。


太陽光発電では意味合いに違いがないため、どちらを使っても話が噛み合わなくなる心配はありません。

モジュールに関する情報満載のサイトです。

モジュールは発電を行う重要な装置であり、メーカーによって様々な特徴があります。



低価格の製品もありますが経年劣化が大きかったり、材質によって高温になったときに発電効率が低下するなど性能面にも影響があり、売電収益にも繋がってくるので価格だけでなく全体を比較して選んだ方が良いでしょう。

太陽光発電は長期間行うものであり、全量買取制度が適用されている場合は価格の保証期間は20年です。
モジュールも保証期間が20年間のものが少なくありませんが、どのような内容になっているのかよく確認する必要があります。



発電量が一定値を割り込んだときに対応してもらえる品質保証を行っているメーカーもありますが、効率が落ちたと感じただけで申請しても受け付けない場合があるので注意しましょう。
日照や気温で発電量は変化するため、現在の数値だけでは劣化したと示すことができません。

そのため発電開始時から記録を付けておき、経年劣化が起きている証拠を用意します。