モジュールには様々なサイズや形状が用意してあります

太陽光発電のモジュールはソーラーパネル、太陽電池などのように色々な呼び方がある一つの言い方です。

屋根の上に取り付けるソーラーパネルは1枚ではなく、数枚を搭載する事で大きな電力を作り出せます。


モジュール出力は製品毎に異なるのが特徴で、出力が大きな製品は値段が高くなる、サイズについても大きなものとなります。

モジュールに関する情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。

屋根に搭載する時には架台の上にモジュールと設置、固定を行いますが、架台を取り付けるスペースは屋根の端から30センチ開けるなど、屋根ギリギリに設置する事は出来ません。

屋根の面積は家により様々、同じサイズのパネルを搭載したとしても、入り切らないケースも出て来ます。



例えば、後40センチのスペースがあるけれど、パネルを置くと、30センチ足りないなどのケースがあるわけです。このような時には有効面積に合うパネルが用意してあり、この場合には40センチ幅のパネルを取り付ける事で、屋根の有効面積を十分に利用出来るようになるわけです。また、パネルの形状は長方形タイプになっているものが多くありますが、台形や三角形などのような形をしているモジュールもあります。
建材や屋根材などの場合は、スペースに合う形にカットして利用する事が出来ますが、モジュールはスペースに合うようにカットして利用する事が出来ないため、出力だけでなく様々なサイズや形状のパネルが用意してありますし、こうしたパネルを利用する事で有効スペースを無駄なく利用して太陽光発電システムを導入出来るようになります。