状況に応じて備蓄を放出するインフルエンザ対策計画

インフルエンザは毎年流行する感染症の一つであり、多くの人が高熱を代表とする諸症状で苦しむことになります。発熱してから3日か4日程度で自然治癒できるものの、高齢者や小児のようにそのわずかな期間で重篤化してしまうリスクを持っている人もいることから、少しでも早く解熱して回復の方向に向かわせることが重要になります。抗インフルエンザ薬として役立つノイラミニダーゼ阻害剤が開発されてからは、その備蓄が進められるようになりました。大流行が起こった場合には備蓄しておかなければ生産が追いつかなくなる可能性があるからであり、流行状況に応じて備蓄された抗インフルエンザ薬を世の中に提供していくということが計画されています。特にその提供先として想定されているのが重篤化のリスクが高い患者と医療関係者です。ハイリスクの患者を優先的に治療するということはその目的にかなっているでしょう。それに加えて、患者の治療を行う医療従事者がインフルエンザで倒れてしまっては治療の担い手がいなくなってしまいます。医療従事者を守るということは重要な観点であり、備蓄された抗インフルエンザ薬を予防利用するための供給先として焦点が置かれているのです。備蓄された薬からの供給が行われなければならないような状況が生まれないに越したことはありませんが、新型インフルエンザの流行が見られるようになってからは、いつそのような事態が訪れてもおかしくない状況になっています。もしそういった状況が生まれてしまっても自分で自分を守れるように、自宅に家族用の治療薬を備蓄しておくというのも良い考えです。通販で購入することが可能な時代になっていることから考慮しておくと安心して生活できるでしょう。

ページトップへ