放射線治療がネックになるインフルエンザ対策と湿度計

放射線治療はがん治療を中心として近年広く利用されるようになってきた治療法の一つです。身体に対する負担も大きいことからがんのような重篤な疾患でしか用いられることはあまりありませんが、放射線治療によって病気の原因となっている細胞を破壊することによって治療を行ったりするといったアプローチは放射線をうまく制御できるようになった現代の技術だからこそできるものです。放射線治療を行うと免疫系の細胞が障害されてしまうために、治療を行っている間は免疫機能が低下せざるを得ない状況になるのがデメリットです。これがインフルエンザの流行時期と重なると一大事ともなるでしょう。治療を行っている間は普通の人なら感染しないような些細なウイルスとの接触でも感染してしまうリスクが高くなります。そのため、できる限りウイルス感染が起こりにくい環境で生活するように努めなければなりません。湿度計と加湿器を使って部屋の湿度を良好に保つというのは良い考え方です。湿度計を用いなくとも湿度を制御できる加湿器もあることから、そういったものを利用するのも良い環境を作るのに役立ちます。空気清浄機であれば更に効果的であり、湿度計機能付きのものもあることから、インフルエンザなどの感染症対策にはとても有用となるでしょう。一方、そういったインフルエンザ感染のリスクを負いたくないと考えてワクチンの接種を考える人も多いものです。しかし、ワクチンの接種時期に既に放射線治療を始めていた場合には医師の判断でワクチンの接種を断念させられることになるでしょう。放射線によって免疫系が障害されているため、ワクチンによって免疫を獲得できる可能性が低く、徒労に終わってしまう可能性が高いからです。

ページトップへ